windows で npm コマンド実行するといろいろ失敗する

windowsでnpmコマンド使わないほうがいいです。

めんどくさいです。

きっとmacがいいんだろうね。

mac book pro買ってください。

npm install

npm installすると共有フォルダとかいろいろの関係もあってなのかそもそもwindowsでダメなのかちょっとちゃんと理解していないけどシンボリックリンク等の関係でエラーになる

--no-bin-linkオプション付けて実行しましょう

npm install --no-bin-link

ちなみにvagrantとかで共有しているなら仮想環境からでもオプションつけないと怒られる

それでもダメなときがあるから基本的にnpmコマンドはwindowsで実行しろが鉄則

npm run dev

cross-envがないって怒られる

これに関してはpackage.jsonいじれとかあるけど邪道すぎでしょ

gitで管理しているファイル変更するのはさすがに良くないのでないならちゃんとグローバルにインストールしましょう

npm install --global cross-env

Laravelでvueとかいろいろあるから(そうじゃなくてもコンパイル前提のフロントエンドの時代だからね)この辺は流石にやっておかないといけないよね

クリーンインストールしてから久々にvagrant環境でLaravel Mix使ったから忘れていた

Laravelの開発ならdocker使わせて~!

せめて環境はキレイにプロジェクトに含ませておいて~!

GitHub Actionsで複数サーバにデプロイする

事前準備

以下のところで(githubのsecrets)秘密鍵を登録する 名前は適当なものをつける 今回はSSH_KEYにした

https://github.com/{ユーザ名}/{リポジトリ名}/settings/secrets

実装

ルートの .github/workflows/deploy.ymlに以下を記載 ymlファイルの名前は適当なものをつける

name: deploy

on:
  push:
    branches:
      - master

jobs:
  deploy:

    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
      - uses: actions/checkout@v1
      - name: composer install
        run: composer install
      - name: ssh key generate
        run: echo "$SSH_KEY" > key && chmod 600 key
        env:
          SSH_KEY: ${{ secrets.SSH_KEY }}
      - name: rsync deploy for remote1
        run: rsync -rptgDvz -e "ssh -i key -o UserKnownHostsFile=/dev/null -o StrictHostKeyChecking=no" ./ www@ホスト名:デプロイ先
      - name: rsync deploy for remote2
        run: rsync -rptgDvz -e "ssh -i key -o UserKnownHostsFile=/dev/null -o StrictHostKeyChecking=no" ./ www@ホスト名:デプロイ先

masterブランチにプッシュされたら仮想のubuntu環境でcomposer installして、secretsのSSH_KEYからkey作ってrsyncするってだけです。 普通に1箇所にデプロイするだけでも十分なのでこれでやってみるといいかも ただrsyncしているだけなので、ドットファイルとかデプロイ時に作成したkeyファイルも一緒にデプロイされているので、削除する処理が必要 rsyncのdeleteとかでも良いのかな?

参考になったところがいくつか記号をわざとなのか全角にしていてコピーしづらかったのでちゃんとしたやつです。

Laravel6.*でvue環境構築の準備

プロジェクト作成

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel vue-laravel "6.*"

2020.10.31現在で6.20.2が降ってくる

$ php artisan --version
Laravel Framework 6.20.2

laravel/uiインストール

composer require laravel/ui:^1.0 --dev

laravel/ui vueインストール

php artisan ui vue

## フロントエンドパッケージインストール

npm install

Vue Routerインストール

npm install --save vue-router

フロントエンドビルド実行

npm run dev

参照 qiita.com Laravelの開発よって一部変わっていたところがあるのでメモ 多分しばらく8とかは使わないと思うので

僕らには選択する権利がある

技術ブログとはなんなのか。最近ほとんど雑記ばかりで申し訳ない。 誰に対して書いているわけでもなく自分の記憶を文字にしてあとで思い出すものだから気にしないけど。

フリーランスになってからいろいろと仕事をしてきた。 ほとんどが昔の知り合いとの仕事だけど、それで生きているんだけど、たまに全く別口からの仕事もある。 結論としては素人とは仕事したくないなのだけど、細かいことは以下の通り。

まぁその仕事が酷いという愚痴なんだけど、SIer上がりだからとか、個人仕事が自社開発のゼロ構築とかそういう話ではなく、単純に仕事として、一人のシステムエンジニアとして、話したい。 基本的に顧客はITに疎いとしても少なからずビジョンをもって仕事を依頼してくるものだと思う。 中には「ITよく分からないけど、エンジニアってなんかそこそこお金出せば全部やってくれるんだよね」みたいな感じで接してくる人いるけど本当にそういう顧客が一番めんどくさい。

サービスのアカウント作成も出来ないとか普通にいるし、いい感じにサイト作ってとか、参考資料も何もないし、素材も使えそうなものが全く無いとか。 そのくせ作ったものに対しては文句ばかりで変更の連続。 最初からそのイメージがあるならちゃんと共有してほしい。 イメージどおりに作っているのに、イメージをこちらが提供するなら別にエンジニアに頼まなくても自分たちでやったほうがいいとか言い出すし。 それならまずデザイナーとでも話し合って作りたいもののイメージ作れば良いのでは…そういう手順の話もしたのに。

素人とは仕事したくないんだけど、全部こちらに丸投げでイメージもなく、何も出来ないような人とは仕事したくないという感じですね。 IEでしか動かなCMS作っていた会社とか、勉強するからとりあえず作ってくれたらあとはやるよ(結局今サイト放置されている)って言ってきたおじさんとかいたけど、少なくともパソコン触れたし、最低限のことは出来ていたけど、それでもそのレベルでも一緒に仕事することでストレスは溜まっていくし、その結果他の仕事に支障が出る。 お金の問題ではなく単純に人としてやITリテラシーの問題ではあるんだけど、そういう人とはいくらお金を積まれても仕事はしないと心に誓った。

せめてやりたいことがしっかり固めて、必要な使える素材なりをちゃんと揃えてからお話ください。

あとワクワクしない仕事は義理でもやらないってことかな。 生活できるお金は稼いでいるのでとりあえず精神的に不利益になることはしない。

投資でもして生きていこうかな。

HHKB HYBRID Type-Sについて

HHKB Professional BTを買ったのが2016年12月22日だったので、それから約4年経って新しいHHKBを購入した。 HHKBは恐らく何十年も使えるキーボードだと思うので、HHKB Professional BTはそのまま別のところで使うことになると思う。

まずType-Sの静音性については普通のHHKBと比べるとかなりすごい。 これはもう普通のHHKBには戻れないかもしれない。 この打鍵感と静音性は癖になる。

キー配列は今までと同じでUSなので、なんの問題もないです。 キーマップの変更があるけど、AutoHotKeyでカスタマイズしている関係で場所によって、前のキーボードを使うなどすることを考えると、わざわざ変えなくてもいいかなと思う。 MacライクでAltの空打ちでIMEの変更しているので、どうしてもAutoHotKeyは必要だし、今までの運用で良いかなと思う。

正直静音感以外は何も変わったところは無いけど(これは僕の使い方の問題でHYBRIDは様々な変更点があるので素晴らしいです)、もう一台欲しくなるほど打鍵感が良いのでおすすめしたい。

ぺちぺちキーボード使っている人からするとうるさいって言われそうだけど、個人的にはかなり静かだと思う。 これで通話しながらキーボード打っていてもうるさくないと思う。

今までのHHKBの打鍵音もキーボード叩いているって感じがして好きだったけど、今はこの静かなスコスコ感の虜になっている。

オンラインコンクール開催にあたっての反省点

縁がありオンラインコンクールの主催をすることになった。 しかし準備期間は1週間。要項を決めたり審査員を決めたり方法を決めたりして1週間が終わった。 その間普通に他の仕事もあったので時間は全然足りなかった。 ある程度睡眠時間を削ったが仕事が山積みでようやく最近終わったものもあったり、本当に大変な期間だった。

1週間で開催したので、本当になんの準備も出来ていなかった。 特にサイトから申し込みがあった際にメールから名簿を作らないといけなかった。 本来ならDBなどで全て行いたいところだったのにそれが出来なかった。

その次に参加者から動画が送られてくるのだが、全て手作業で名簿にURLを追記して管理したり、本当に管理面で大変なことが多かった。

審査してもらうにしても毎回URLを審査員に送るという手間があった。 専用のサイトを作るや、マイページで管理するなどやり方はたくさんあった。

参加者にはマイページより、振り込みの証明書や動画URLを送ってもらい、審査員は専用ページから審査する参加者の動画を閲覧。点数をつけたりコメント動画をアップしたりする。 参加者はマイページで審査結果やコメント動画を閲覧できる。 必要メールはフラグが立っている参加者へ一斉送信出来る。

最低ここまでは実装したかった。 結果は何一つ出来なくてすべて手作業。 毎日1時間を削って作業したがとてもではないが間に合わなかった。

また、審査期間などそのあたりももう少し余裕を持てばよかった。

たくさん反省点があることはとても良いことなので、次回開催の際にもう少しシステムは組んでおきたい。

たくさんご迷惑をおかけしてしまったので、とても落ち込んだ時期もあり辛かったけど、これからもこういった分野でもなんとか生きていけるように頑張りたいと思う。 システムで快適になる可能性があるものをどんどんシステム化出来るように日々精進していきたい。

iPhoneでいいこと、Androidでいいこと

iPhoneとAndroidを長らく使っていて、2年前にAndroidのみを使うようになった。

先日iPhoneSEを買って使っているのだけど、Androidに慣れすぎて不満ばかりが出てきているので、iPhoneでやると捗ること、Androidでやると捗ることを書いていこうと思う。

これは普段僕がよく使っているアプリに関すること

Androidでやると捗ること

youtube

ピクチャーインピクチャー最高

Chromeとの同期でパスワード入力が楽なもの全部

いろんなアプリがパスワード覚えていてくれてパスワード入力の手間がないのでハッピー

Pay系

これはAndroidがとかではなく単純にiPhoneが指紋認証して~とかのステップがめんどくさい

ホーム画面広く使える

アイコン小さいから1ページに表示できるアプリ、フォルダ数が多い iOS14でiPhoneもAndroidぽくなるらしいけど多分アイコンの大きさとかは変わらんでしょ知らんけど

Googleニュース

pixelだけか知らんけどホーム画面の一番左のページにニュースがあって割とよく見る

iPhoneでやると捗ること

先にAndroidの欠点としては左端からのスワイプで戻るが動くこと(設定の問題ではあるけど) これによって、マテリアルデザインの左端からのスワイプでメニューを表示するが使いづらい

はてブ

これは上記の理由です カテゴリー別で記事見たい時にAndroidだとメニュー出すのめんどくさい

LINE

既読にしなくてもプレビュー見れる

メモ

メモするの楽

AirDrop

昔はみんなAirDropとか知らんかったのに最近写真のやりとりとかすぐにAirDropでって言ってくるからiPhoneがいい

まとめ

いろいろながらでやることが多いので(youtube見ながらニュース見たりツイッター見たり)、ピクチャーインピクチャーないとやってられない でもはてブはAndroid使いづらい safari使わずにChrome使えばいいけど、パスワード周りは本当にiPhoneしんどい アプリでも何回も入力しないといけなかったりとか本当にめんどくさい(Chromeのパスワードのやつ使わせて)

結局慣れの問題のところは多いけど、やっぱりピクチャーインピクチャーだけでも実装してほしいw

何か他に思いついたら足してみる

人に何かを伝えるということ

物事の理解を深めるためには第三者に説明するのが一番いいのですが、意外と説明って難しいですよね。

その際に言葉の定義というものがとても重要になってきて、ページの遷移のことを「遷移」というのか「リンク」というのか、人それぞれですが、一度その意味で使った言葉を別の意味で使ったり、同じ意味のことを複数の言葉で表したりすることでとても伝えづらいものになります。

こういうブログでも同じですが、言葉の統一性、難しい言葉を使わない、専門用語を使わないなど、いろいろ気をつけるポイントがあります。

自分はわかっていても他人は分からないということが多々あり未だに気をつけないとふと伝わらない言葉を使っていることがあります。

人によっては専門用語は外国語と同じなので、本当に伝わらない。 そして多くの人は「それってどういう意味ですか?」なんて質問してこない。

だいたい「なるほど。そうなんですね。」と知ったかぶりをする。 その時は知った気になっているけどあとから聞いたら理解していないということが多い。

1対1ならある程度アフターケア出来るけど、複数人になると無理なので、出来るだけ言葉をキレイに使って話さないといけない。

こういうことを分かっていない、考えていない人が多いので話を聞いている時に言葉の意味を考えないといけないので、とても頭を使う。

この文章も果たして伝わる文章なのか不安なので本来であれば誰かに見てもらって添削してほしいところですが、見直すこともなく下書きを見てもらうこともなくこのまま投稿します。

忙しかった

正直今も忙しい 1ヶ月に1回とぬるいルールも破られればこんなもんです

今月後一回更新するけどガジェットなのかプログラミングのネタ書きたい

そういえばnotionの同期がめちゃ早いので良いです! おすすめ! PCで書いてiPadで閲覧、タスク完了したらチェックぽちっとiPadでやるみたいなのが良いです

早くiPad用にキーボード買いたい HHKB買い足すかなー

あとMac欲しい

そういえばiPhone SE買った Androidの方が使いやすい

気が向いたらこの記事ちゃんと更新しよう

slackじゃないところにtimesチャンネルと同じものがほしい

ただただ脳内アウトプットしたい

在宅勤務について

昨今の世界情勢でいろんなところで在宅勤務になっている

僕は日頃から自宅で仕事をしているのでさほど状況は変わらないですが、周りの会社がいろいろ対策をしだしているので打ち合わせの方法などが変わってきた。

今までは会社に行くかしていたけど、通話やビデオチャットの機会が増えた。

通話をしているとどうしても手が止まるというのがなかなか気になるところ 話す内容が決まっていなくて1時間とか通話していると本当に時間がもったいない 出来るだけチャットが良い 通話結構緊張したりする ZOOMがかなり画質もいいしいいけど、毎回共有URL発行しないといけないのはツラいかも

あつまれどうぶつの森始めたけど、このご時世なのか、単純に人気なのか分からないけどみんなやっているから、何かしら集まってなにかやりたい 息抜きには良いけどいかんせん時間が溶ける…w