オンラインコンクール開催にあたっての反省点

縁がありオンラインコンクールの主催をすることになった。 しかし準備期間は1週間。要項を決めたり審査員を決めたり方法を決めたりして1週間が終わった。 その間普通に他の仕事もあったので時間は全然足りなかった。 ある程度睡眠時間を削ったが仕事が山積みでようやく最近終わったものもあったり、本当に大変な期間だった。

1週間で開催したので、本当になんの準備も出来ていなかった。 特にサイトから申し込みがあった際にメールから名簿を作らないといけなかった。 本来ならDBなどで全て行いたいところだったのにそれが出来なかった。

その次に参加者から動画が送られてくるのだが、全て手作業で名簿にURLを追記して管理したり、本当に管理面で大変なことが多かった。

審査してもらうにしても毎回URLを審査員に送るという手間があった。 専用のサイトを作るや、マイページで管理するなどやり方はたくさんあった。

参加者にはマイページより、振り込みの証明書や動画URLを送ってもらい、審査員は専用ページから審査する参加者の動画を閲覧。点数をつけたりコメント動画をアップしたりする。 参加者はマイページで審査結果やコメント動画を閲覧できる。 必要メールはフラグが立っている参加者へ一斉送信出来る。

最低ここまでは実装したかった。 結果は何一つ出来なくてすべて手作業。 毎日1時間を削って作業したがとてもではないが間に合わなかった。

また、審査期間などそのあたりももう少し余裕を持てばよかった。

たくさん反省点があることはとても良いことなので、次回開催の際にもう少しシステムは組んでおきたい。

たくさんご迷惑をおかけしてしまったので、とても落ち込んだ時期もあり辛かったけど、これからもこういった分野でもなんとか生きていけるように頑張りたいと思う。 システムで快適になる可能性があるものをどんどんシステム化出来るように日々精進していきたい。

iPhoneでいいこと、Androidでいいこと

iPhoneとAndroidを長らく使っていて、2年前にAndroidのみを使うようになった。

先日iPhoneSEを買って使っているのだけど、Androidに慣れすぎて不満ばかりが出てきているので、iPhoneでやると捗ること、Androidでやると捗ることを書いていこうと思う。

これは普段僕がよく使っているアプリに関すること

Androidでやると捗ること

youtube

ピクチャーインピクチャー最高

Chromeとの同期でパスワード入力が楽なもの全部

いろんなアプリがパスワード覚えていてくれてパスワード入力の手間がないのでハッピー

Pay系

これはAndroidがとかではなく単純にiPhoneが指紋認証して~とかのステップがめんどくさい

ホーム画面広く使える

アイコン小さいから1ページに表示できるアプリ、フォルダ数が多い iOS14でiPhoneもAndroidぽくなるらしいけど多分アイコンの大きさとかは変わらんでしょ知らんけど

Googleニュース

pixelだけか知らんけどホーム画面の一番左のページにニュースがあって割とよく見る

iPhoneでやると捗ること

先にAndroidの欠点としては左端からのスワイプで戻るが動くこと(設定の問題ではあるけど) これによって、マテリアルデザインの左端からのスワイプでメニューを表示するが使いづらい

はてブ

これは上記の理由です カテゴリー別で記事見たい時にAndroidだとメニュー出すのめんどくさい

LINE

既読にしなくてもプレビュー見れる

メモ

メモするの楽

AirDrop

昔はみんなAirDropとか知らんかったのに最近写真のやりとりとかすぐにAirDropでって言ってくるからiPhoneがいい

まとめ

いろいろながらでやることが多いので(youtube見ながらニュース見たりツイッター見たり)、ピクチャーインピクチャーないとやってられない でもはてブはAndroid使いづらい safari使わずにChrome使えばいいけど、パスワード周りは本当にiPhoneしんどい アプリでも何回も入力しないといけなかったりとか本当にめんどくさい(Chromeのパスワードのやつ使わせて)

結局慣れの問題のところは多いけど、やっぱりピクチャーインピクチャーだけでも実装してほしいw

何か他に思いついたら足してみる

人に何かを伝えるということ

物事の理解を深めるためには第三者に説明するのが一番いいのですが、意外と説明って難しいですよね。

その際に言葉の定義というものがとても重要になってきて、ページの遷移のことを「遷移」というのか「リンク」というのか、人それぞれですが、一度その意味で使った言葉を別の意味で使ったり、同じ意味のことを複数の言葉で表したりすることでとても伝えづらいものになります。

こういうブログでも同じですが、言葉の統一性、難しい言葉を使わない、専門用語を使わないなど、いろいろ気をつけるポイントがあります。

自分はわかっていても他人は分からないということが多々あり未だに気をつけないとふと伝わらない言葉を使っていることがあります。

人によっては専門用語は外国語と同じなので、本当に伝わらない。 そして多くの人は「それってどういう意味ですか?」なんて質問してこない。

だいたい「なるほど。そうなんですね。」と知ったかぶりをする。 その時は知った気になっているけどあとから聞いたら理解していないということが多い。

1対1ならある程度アフターケア出来るけど、複数人になると無理なので、出来るだけ言葉をキレイに使って話さないといけない。

こういうことを分かっていない、考えていない人が多いので話を聞いている時に言葉の意味を考えないといけないので、とても頭を使う。

この文章も果たして伝わる文章なのか不安なので本来であれば誰かに見てもらって添削してほしいところですが、見直すこともなく下書きを見てもらうこともなくこのまま投稿します。

忙しかった

正直今も忙しい 1ヶ月に1回とぬるいルールも破られればこんなもんです

今月後一回更新するけどガジェットなのかプログラミングのネタ書きたい

そういえばnotionの同期がめちゃ早いので良いです! おすすめ! PCで書いてiPadで閲覧、タスク完了したらチェックぽちっとiPadでやるみたいなのが良いです

早くiPad用にキーボード買いたい HHKB買い足すかなー

あとMac欲しい

そういえばiPhone SE買った Androidの方が使いやすい

気が向いたらこの記事ちゃんと更新しよう

slackじゃないところにtimesチャンネルと同じものがほしい

ただただ脳内アウトプットしたい

在宅勤務について

昨今の世界情勢でいろんなところで在宅勤務になっている

僕は日頃から自宅で仕事をしているのでさほど状況は変わらないですが、周りの会社がいろいろ対策をしだしているので打ち合わせの方法などが変わってきた。

今までは会社に行くかしていたけど、通話やビデオチャットの機会が増えた。

通話をしているとどうしても手が止まるというのがなかなか気になるところ 話す内容が決まっていなくて1時間とか通話していると本当に時間がもったいない 出来るだけチャットが良い 通話結構緊張したりする ZOOMがかなり画質もいいしいいけど、毎回共有URL発行しないといけないのはツラいかも

あつまれどうぶつの森始めたけど、このご時世なのか、単純に人気なのか分からないけどみんなやっているから、何かしら集まってなにかやりたい 息抜きには良いけどいかんせん時間が溶ける…w

Android アプリ 時間指定公開は指定できない

Androidアプリをリリースする際に時間指定公開をすることができる 時間指定と書いてあるので文字通りリリースする時間を設定して放置していれば自動でリリースされる機能かと思っていた

しかし実際は即時公開(事前審査を行う)機能だった

また、時間指定をできるのはアップデート時のみで初回リリース時は時間指定が出来ない

製品版の初回リリースを時間指定したい場合はまずクローズドで公開をしてから製品版をリリースする形であれば時間指定公開が選択できる

また、ストアに表示される最終更新日は審査を投げた日になるので、実際に公開を行った日が審査を投げた日から時差があるとなんだか違和感のあるアップデートになる(そんなこと気にするユーザは少ないだろうけど)

時間指定公開についてはリリース毎に設定が必要で、ストアの掲載情報ページなどのフッター部分にひっそりと鎮座している

先に時間指定公開を有効にした状態でリリース準備を行いリリース画面で公開しても上部の公開ボタンで公開しない限りストアには反映されない様になっている

即時公開で便利ではあるけど、自動公開に対応してほしい…

2020

2020年になりました。 目標は特に公開もしないですが、今年は意欲的に行動できるようにしていきたい。

スルースキルをもっと身につけたい 黒い感情になることが多くなってきたのでそれを抑えられるように、その場で解決できるようにしたい

失うものはたくさんあるけど、失ってもいいやという気持ちで行く きっとそんなに簡単に失うものなら近いうちにきっと失くなってしまうと思うので、なくなるかもしれないというレベルのことは臆せずにどんどんやっていきたいと思う

めんどくさがりを治す 後でいいやはもうやめる 言ったもん勝ち 後に伸ばすと言いづらくなるので 報告する時間やめんどくさいことを実行する時間を決めるなどうまくやっていきたい

そうだ。ToDoにめんどくさいこと欄を作って何時に実行するようにとしてしまえばいいのか

脳みそのアウトプットをする 頻繁に考えていることをメモしていきたい できるだけ思いついたことを脳に留めておきたくない

フリーランスになって1年経った

去年の11月末で仕事をやめたので1年と1ヶ月経った

決していい単価ではないけどそれなりにやっていけているからまぁ良しとしよう(多分今の自分の相場でいったら2~3倍は稼げる) 来年からは単価交渉してもう少し上げてもらおうと思う

別に仕事は探せばいくらでもあるし、募集されている案件見ると出来ないことは殆どないのでお金もらえないならやらなくてもいい仕事はたくさんあるなという印象だった(お金だけではないけど)

自信は多少はあったけど、別にフリーランスって大変ではないという印象。税金とかその辺全部やらないといけないのはかなりめんどくさいけど。 普通に会社に守られなくても生きていけそうなのでしばらくは特定の会社に所属しなくてもいいかなと思った。

しかし自分の時間が出来てとても良かった反面、病気になってしばらく寝込んでからモチベーションが戻るまでに時間がかかったので、その間の生産性が低すぎて年末が大変だった。 ご迷惑をお掛けした方々本当に申し訳ないです。

確定申告の準備が全然できていないので、今から少しずつでもやろうかな…いろいろあったけど、なんとか1年普通に終えることが出来てよかった。 来年はもう少しお金がほしいです。

健康な体があればいい

先日30歳になったのですが、すぐに扁桃炎で声も出ないし、飲み食いもまともにできずに断食生活をしていた。

今年の夏に1ヶ月ほど咳が続いて夜眠れない時期があったが、それ以上の苦しみでなんでこんな事になったんだと考えるだけの日々だった。

京都に紅葉を見に行ったり、大阪で食べ歩いて夜は鳥取で前職の方々とご飯を食べる予定などがあったのに…全部キャンセルです。

本当に申し訳ないです。

人生で初めて点滴をしたし、人生で初めて喉に注射されたし、いいことがひとつもないです。

仕事もできないし、納期は迫ってくるし、クライアントには事情説明しているけど、間に合うかな…遊ぶ予定なくなったからなんとかなるかな…という思いしかないです。

BUMP OF CHICKENのHAPPYという曲の冒頭に「健康な体があればいい 大人になって願うこと」という歌詞があります。

2010年に発表された当時のメンバーの年齢は30~31歳ですが、一番誕生日の早い作詞をした藤原基央さんでも誕生日の2日後がリリース日でした。

実際にこの作詞をいつしたとかは分からないですが、今回こういう状況になって思い出したのが、HAPPYの冒頭の歌詞で、そういえば藤くんもHAPPYの頃は30歳くらいか…とか思っていました。

病気になるとメンタル弱くなるし、集中力続かないし、脳が働かないので、何をしていいかも分からず寝て過ごしても、昼に寝ると夜眠れないし、ただひたすらNETFLIXなどで映画とか見てても飽きてしまうし(普段は仕事しながらなど、別作業中に見ているので別の何かをしたくなって集中できなくなる)、仕事できるほど元気でもないし、本当に健康な体でずっとあってほしい。

とりあえずこれからは県外出るときは必ず暖かい格好で行くことにする。何があっても。

手洗いうがいもちゃんとするし、とにかく健康でありたい。

喋れないや食べれないとかがなければ何でもいいけど…

健康な体があればいい。本当にそう願っている。

マインドマップからのタスク化について

こちらを聞いてマインドマップからタスクを作る方法をちゃんとやりたいなと思った

https://dex.fm/post/188178525293/083-my-dream-is-early-retirement
dex.fm

個人開発もしっかりやっていかないといけないな感じたので、なにか作ろうと思う。 なにかはまだ何も決まっていないけど

note.mu

最近githubで毎日日記をつけているんだけど、ちゃんと草がついていくっていうだけで続けている

きっと途切れたらもう二度と書かないんだろうな

リポジトリごと消す気がする

最近色んな所で仕事ができているので楽しい

遊びでも大阪行ったり京都行ったり福岡行こうとしたり北海道行こうとしている

ずっと家で仕事しているので少し楽しい気持ちになったりしている

なんとかモチベーションだったりいろんなやる気出して開発を続けていきたい

しかし移動は疲れる
僕には自力で走る以上のスピードで移動することはただの負担でしかない
引きこもりたい