読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Slack】IFTTT vs Zapier vs myThings

Tumblrから特定のタグに新しいpostがあったらSlackに通知したい。

Instagramから特定のユーザのpostをSlackに通知したい。

そんなSlackとの連携をさせたいときに役に立つサービスがあります。


スポンサーリンク





ifttt.com

zapier.com

mythings.yahoo.co.jp

この3つのサービスのSlackに適している部分を紹介したいと思います。

IFTTT

言わずと知れたIFTTT

親しみ・使い勝手・アプリ数は他の2つよりも優れていると思います。

使い慣れているということもあって、連携登録数は一番多いです。

主にInstagramからの通知とRSSの通知をやっています。

Instagramの特定ユーザのpost通知はIFTTTにしかなく、かなり重宝しています。

RSSも使い慣れたUIでの登録ということもありIFTTTを使っています。

また、はてなブックマークで後で読むをした記事をPokectに登録していましたが、なかなか読み返していなかったので、Slackに通知して目につくようにしています。

読んだら消す作業が少し手間ですが。(わざわざ消さなくてもいいんだけど)

そんなIFTTTですが、個人的に使い勝手が悪い点があって、Tumblrが自分のpost中心でしかないため、こちらの連携はZapierに任せました。

Zapier

初めて聞く方もいるかと思いますが、Slackとは相性のいいサービスらしいです。

IFTTTで通知されたアイコンがIFTTTのアイコンに対してZapierはSlackのアイコンです。

個人的にここのポイントは凄く高く、クールなサービスだと思いました。

また、連携のテストが出来るため、Slackへの通知の確認、メッセージの確認などすぐに設定できるため、通知が来る度に調整といった作業がない部分が凄くいいです。

IFTTTとかにもテスト通知があったら教えて下さい。

しかし、IFTTTもZapierも海外のサービスが多く日本の天気などが分からなかったりします。

そんな時はYahooが提供しているmyThingsです。

myThings

Yahooが提供しているIFTTTと話題になったサービス。

連携アプリ数は少ないがYahooのコンテンツがだいたい使えるので、Yahoo天気など重宝しています。

現在スマホのアプリからしか設定ができないが、使い勝手は悪くないです。

スマホからの設定となるため登録数は少ないが、今後の連携に期待しています。

最後に

vsなどとタイトル付けましたがそれぞれにいいところがあって、それぞれを上手く使うことで快適なSlackライフを送れるのではと思います。

みなさんの便利なSlack活用法などありましたら、ご教示いただけたら幸いです。