読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【PHP】Slack APIの使い方

Slack APIの簡単な使い方を紹介します。

api keyの発行

ここでapi keyを発行してください。

Slack Web API | Slack

APIの仕様準備は完了です。

あとはコードを書くだけです。

今回はPHPで記述します。

<? php

$str = 'hugahuga';

$slackApiKey = 'xxxx-xxxxxxxxx-xxxx'; //上で作成したAPIキー
$text = 'hogehoge';
$text .= $sqp; //勝手に改行される? PHP_EOLで改行出来る
$text = urlencode($text);
$url = "https://slack.com/api/chat.postMessage?token=${slackApiKey}&channel=%23ch_name&text=${text}&as_user=true";
file_get_contents($url);


スポンサーリンク





  • urlencode($text):urlに埋め込むときはurlエンコードをする。
  • リクエストパラメータ(token, channel, textは必須パラメータ)
    • token:作成したAPIキー
    • channel:通知を送るチャンネル名(%23#のurlエンコード。この例なら、チャンネル名は「#hogehoge」)
    • text:通知内容
    • as_user:これを指定しなければ「bot」が投稿。trueにしたら、「APIキーの作成者」が投稿。